余分な咬傷に対する注意事項

余分な噛み付きにはいくつかの注意点があります。アルバイトをしているのですが、危険な目にはめったに出会わないようです。ただし、これは、撮影中にエキストラが事故に巻き込まれたことがないという意味ではありません。余計なアルバイトの予防策として、実際にアルバイトをしなければ地域の環境を理解することはできません。不安定な小道具や機械が散らかっている屋内スタジオでも、足場の悪いセットでもかまいません。アルバイトをする際にある程度気をつけないと、アルバイト中に事故やけがをすることは間違いありません。撮影の際は、実際の季節とは全く違う設定で、かみ傷をつけて撮影することも珍しくありません。夏の真っ只中は長袖で、冬の真っ只中は夏のような薄着で長時間屋外で待つこともあります。撮影環境に合わせて自分でいろいろ工夫して、余計なパートタイムの仕事でも自分の健康管理をしていきましょう。足場の不安定な場所に立っていたり、小道具が当たる可能性が高いときに通過するように指示されたりする場合があります。これはまた、余分な一口で注意すべき点です。余計なアルバイトをしてトラブルに巻き込まれたら、仕事そのものを傷つける可能性があります。はっきりできないことは断りましょう。これは、余分なパートタイムの仕事をするときに注意すべき点でもあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA