転職市場を活性化する時

バブル経済と呼ばれる活況を呈する時代がありました。 1980年代後半には、地価などが着実に上昇した。当時、企業の求人は着実に増加していた。経営が成功したため、事業規模は積極的に拡大しました。その結果、求人市場は前例のない売り手市場になり、企業は学生を引き付けるために急いでいます。日本では、学生が学校を卒業して会社に就職すると、定年まで就職し続けることが一般的になっています。バブル経済が崩壊すると同時に、終身雇用の習慣は徐々に衰えてきました。一人が一つの会社である時代は終わりました。転職市場全体としては大きな動きはありませんでしたが、転職者数も増加傾向にありました。しかし、バブル経済崩壊直後は就職氷河期と呼ばれ、転職が難しかったようです。 「フリーター」という言葉が造られたのは1990年の初め頃で、通常の仕事を持たないフリーターを指しています。団塊の世代が次々と引退し始めた2003年頃、バブル経済の崩壊の影響はようやく収まり、景気は回復し、求人も増え、転職市場は活況を呈しました。一年を通して考えると、求人や求職者が盛んな季節があるようです。求人や求職者の数が増え、12月から3月と6月から7月に転職市場が活発になります。その理由は、年が12月から3月に変わるため、それに応じて転職する可能性があり、ボーナスタイムです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA