日経225ミニの株取引

日経平均先物(日経225)を1/10ミニサイズで取引する商品を日経225ミニといいます。 2006年7月に取引を開始したシンプルな商品で、個別の株を選ぶ必要がなく、少額の資金で取引できるという特徴があります。ミニという言葉からもわかるように、事前に取引されていた日経225のミニバージョンとして登場した先物契約です。日経225ミニは、日経平均株価を対象とした株価指数先物取引の範疇に入る商品です。日刊紙や日刊紙に掲載されている日経平均株価を取引しており、特定の企業の株価ではなく、日本の株式市場全体の流れや動きを示しています。東京証券取引所が平均して225の主要な日本株を発表している日経平均株価と東京証券取引所が発表している東京証券取引所指数は有名な平均株価です。日経225ミニトレーディングは、日経平均株価の100倍を1枚とし、それを最小単位とする取引です。たとえば、日経225ミニ取引では、日経平均株価が14,000円の場合、最低取引単位の価格は140万円になります。日経平均が10円上昇するように市場が動けば、1,000円の利益が得られます。これは、低価格で購入して高価格で販売すること、または高価格で販売されたものを低価格で購入することによって利益を上げるメカニズムです。日経225ミニを購入する際の購入資金ですが、実際の金額が額面で要求されるわけではありません。レバレッジを利用した証拠金取引ですので、50万円程度の購入資金があれば日経225取引を開始できます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA