青汁三昧のゴーヤー

ゴヤは青汁の3つの主要な成分の1つです。最近はスーパーなどでよく見かけますが、もともとは沖縄の野菜です。青汁に使われるゴーヤの味は苦いので、ゴーヤとも呼ばれます。この苦いひょうたんの苦味は、血液を浄化し、血圧を安定させる効果があると沖縄では古くから言われています。この健康野菜はビタミンCとカリウムが豊富なので、青汁に最適です。青汁に含まれるゴーヤの苦味を構成する物質は、モモルデシンとカランチンです。ゴーヤの成分は、血糖値とコレステロール値を下げることが確認されています。青汁の原料であるゴヤは、果実や種子に、人体のガン細胞を攻撃するナチュラルキラー細胞を活性化する物質を含んでいます。これらの理由から、がんの進行を遅らせる効果があると考えられます。青汁の缶は、中国安徽省合肥で栽培されたゴーヤから作られています。もともとゴーヤは夏に収穫される野菜ですが、中国各地で栽培することで、季節ごとに収穫できるようにネットワーク化されています。そうすることで、一年中いつでも高品質の苦いひょうたんを使った青汁を作ることができるように設計されています。プルミナス 美顔器 口コミ