日経225ミニの先物取引

日経225ミニは先物取引と呼ばれる取引方法で取引されます。先物取引は、現物(商品、株式、通貨など)を、現在、将来の所定の日に所定の価格で売買するという約束に基づいています。現在は3月を想定し、2ヶ月後の5月には日経平均株価14,000円での購入を約束し、それに基づく取引を行います。日経225ミニは、株式や通貨ではなく、日経平均株価を扱います。日経225ミニで先物を取引する際には、株式として存在しない日経平均株価を使用します。あなたがそれをどのように見るかに応じて、それは仮想株式取引と呼ぶことができます。取引単位は、日経225の平均株価指数の1,000倍、日経225ミニの100倍です。日経225ミニの将来の所定の日は、3月、6月、9月、12月の第2金曜日であり、これらの4か月は契約月と呼ばれます。契約月を過ぎてもポジションを維持する場合は、第2日曜日の前日にSQ(特別清算指数)の値で決済されます。その時点で、損失か利益かに関係なく、強制的に決済されます。もちろん、最終日までポジションを保持する必要はなく、それ以前であればいつでも決済取引を行うことができます。日経225ミニ先物契約は、そのような約束の下で実行されます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA