ワキガとは

いったい何をワキガと呼んでいますか?日本人は清潔が好きなので、わきの下や体臭に敏感で、気になり始めたら止まりません。季節を問わず気になる人もいますが、体臭は気になりません。体臭がある場合は、適切な治療を受ける必要があります。体臭にはいろいろな治療法がありますが、治療の前にその内容を説明します。多汗症は、体温調節が不要な場合でも大量の発汗を引き起こす症状であるため、多汗症とは異なります。脇の下だけでなく、手、足、顔にも汗をかきます。汗をかくのでわきの下と間違える人もいますが、わきの下と多汗症は根本的に違います。汗をかく多汗症の人は、日常生活でさまざまな問題を抱えています。書いたり、楽器を演奏したり、自転車や車のハンドルを握ったりするときなど、ベタベタしたり汗をかいたりするのは不便なことがよくあります。もちろん、多汗症は治療なしでは自然に治癒することはできません。ただし、体臭と同様に、専門医に相談することで、症状をできるだけ軽減できる場合があります。ワキガは、皮膚のバクテリアによって分泌物が分解されるときに発生する悪臭です。その分泌物は、エクリン、アポクリン、皮脂腺などの汗腺から来ています。皮脂腺が思春期前後から活発になると、脇の下の匂いも強くなります。腋の下には遺伝があり、性ホルモンの影響も受けるのが特徴です。エクリン腺は、体内に蓄積された熱を放出する役割を果たし、人体全体に分布する汗腺です。アポクリン腺は、脇の下、へその周り、耳の中にあります。汗腺からの分泌物は乳白色で、成分は脂肪、色素、アンモニアなどです。これにより、衣服に汚れが生じます。わきの下は、人間一人ひとりの体臭とは違うと言えます。これは、皮脂腺がその名のとおり皮脂を分泌するのに対し、汗腺と細菌が混ざり合うことで脇の下が独特の腐敗臭を放つためです。ミランアイラッシュ 口コミ