顔の筋肉について

顔と首には最大30の筋肉があり、顔の筋肉は非常に小さく繊細です。顔の筋肉が弱くなると、目が狭くなり、頬が垂れ下がり、口角がたるみ、あごが二重になります。女性はこれらの症状を避けたいと思うでしょう。顔の筋肉と言えば顔の筋肉が思い浮かびますが、表情が動くので声をかけられます。顔が薄く、顔の効果が小さいと期待できる顔の筋肉を鍛える方法です。典型的な顔の筋肉は、唇の下からあごまで伸びるオトガイ筋です。顔の筋肉が弱くなると、二重あごになる可能性があります。前頭筋は眉毛の上部から額までの筋肉であり、この筋力が弱まると額に横方向のしわが現れます。眼輪筋(ガンリンキン)と呼ばれる筋肉は、まぶたを開閉する役割を果たします。この筋力が弱くなると、目の外側の角にシワができ、上まぶたにタルミができます。頬筋の役割は口角を持ち上げることであり、この筋力が弱まると口角が落ちます。これは口の中で怒りを引き起こす可能性があるので注意が必要です。https://asriel.jp/