転職市場で2番目の新卒者

転職する人のうち、大学卒業後3年未満の社会で働いている人や、25歳くらいまでの若い世代を2年生といいます。今まで、2年生の転職というイメージはあまりよくありませんでした。しかし、前の会社の色に染められていませんが、社会に入るマナーが良いという利点があります。年齢的にポテンシャルが高く、転職後も会社の色に染まりやすい世代です。 2年生はこの点で魅力的であり、現在、転職市場で求められています。就職しようとすると、実際に仕事をするとき、想像していたものと違う時や、本来思っていたタイプの仕事ではない時があります。そのため、転職市場の2年生の卒業生はかなり多いと考えられます。この世代の人々は生涯雇用にあまり興味がないかもしれません。現在、団塊の世代が多く退職しており、世代交代により若者が不足しています。転職市場は2年生にとって絶好の機会のようです。事務・営業を中心に2年生の需要が高く、すぐに労働者として期待できる存在として有用です。 2人目の新卒者は、ITや顧客基盤が若いマーケティング部門の採用などの情報関連部門でも即時の力になると予想されます。若者のセンスが役立つ転職市場の企業には、2年目の新卒者が求められていると言えます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA