転職のマイナスの理由

転職のモチベーションが悪いと、就職活動に支障をきたす場合があります。しかし、劣悪な労働条件や職場での人間関係の問題のために転職したいという人はたくさんいます。職場での人間関係に問題があり、労働時間の給与が低いことが、離職を考える動機の1つか2つを占めていると言われています。転職時にネガティブな動機を与えるのは良くありませんが、実際に離職する理由がネガティブな動機であってはならないという意味ではありません。転職したい理由はネガティブなので、今の仕事を辞められないことに我慢しても何も良くなりません。現在の労働市場では、終身雇用の慣行が崩壊しているため、1つの職場に固執する理由はありません。現在の状況が困難で、それから抜け出して転職を考えたい場合は、引退するまで継続しないことを心に留めておく必要があります。現在の状況を離れるという意図だけで転職することにした場合、転職自体が目標になります。転職は手段として考えるべきです。転職したい理由として、現状から脱出するのも悪くない。しかし、現在の状況の何が問題になっているのでしょうか。なぜここから抜け出したいのでしょうか。また、どのようにして問題を取り除くのでしょうか。そのような問題を理解し、明確にした後、転職活動を始めるのがよいでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA