破産申告に課せられる制限

借金を返済できずに倒産すると、日常生活にさまざまな影響を及ぼします。個人が破産を宣告されるとき、彼または彼女は最初に様々な法的資格に制限されます。弁護士、公認会計士、遺言執行者等になることはできません。また、監査役、取締役、取締役を務めることもできません。また、破産の判決を受けた者は、必要と認められる説明をしなければなりません。居住も制限されており、裁判所の許可なしに居住地を変更することはできません。郵便も制限され、破産管財人は最初に破産者宛ての郵便と電報を受け取ります。破産管財人は、メールの内容を確認することもできます。信用調査機関は、破産したと宣言されたことが通知されます。消費者金融のローンは審査が必要ですが、情報が信用調査機関に登録されている間は審査に合格しません。法的規制に加えて、破産宣言に起因する社会的規制もあります。破産の判決を受けることは、経済的信頼を失うことを意味します。私たちの日常生活には、社会的な不便、取引活動、不便があります。軽微な制限や制限がありますが、破産の判決を受けている限り、それは避けられないかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA